IE Warning
Your browser is out of date!

This website uses the latest web technologies so it requires an up-to-date, fast browser!
Try Firefox or Chrome!

in the beginning

image

―あなたには、大切な人が、いますか?
永遠に続くと思われた時間は、
時に急速に、終焉に向けて動き出す。
人の世とは、何と儚く、何と残酷なものだろうか。

それは夢か、幻か。

―いや、君は確かにそこにいた。

君は案じていたのだろうか、残された者達を。
君は、予見していたのであろうか、彼の道筋を。

ここに舞い降りたは、我が運命か。
導きしは、君なのか。

―私は、そう、信じている。

恐らく君が、その最期の時まで望んだであろう世界の体現。
大切な者を守らんとする意志は、「奇跡の道」を歩み出す。

今ここに、綻びぬ「絆」を私に記そう。


―この物語を、君に捧ぐ。
―We dedicate this memento to "……".